国内ツアー

近畿

~第56回 京の冬の旅~
冬の京都特別公開寺院めぐり 2泊3日

コースNo. 7209

~第56回 京の冬の旅~<br>冬の京都特別公開寺院めぐり  2泊3日

仁和寺 御殿・庭園

仁和寺 御殿・庭園

  • ~第56回 京の冬の旅~<br>冬の京都特別公開寺院めぐり  2泊3日
  • ~第56回 京の冬の旅~<br>冬の京都特別公開寺院めぐり  2泊3日
  • ~第56回 京の冬の旅~<br>冬の京都特別公開寺院めぐり  2泊3日
旅行代金
 62,500円~67,500円
目的地
京都市
出発日
2022年3月2日(水)

ワクチン2回接種済の方限定のツアーです
おひとり様バス座席2席でご用意しております
第56回「京の冬の旅 非公開文化財特別公開」です。
今回のテーマは「建築の美と茶人ゆかりの禅寺」です。
(画像はすべて京都市観光協会提供)

※新型コロナウィルス感染拡大状況の推移や社会情勢などにより「京の冬の旅 非公開文化財特別公開」が中止または内容変更となる場合がございます。

印刷用チラシはこちら

コース日程

1日目

長野市南長池:信毎観光(6:10)=<貸切バス>=長野駅東口(6:25)=屋代駅(6:55)=安曇野IC(7:35)=塩尻(8:20)=諏訪(8:45)=駒ヶ岳SA(9:30)=飯田りんごの里(10:10)=<中央道・名神高速・養老サービスエリア(予定)で自由昼食>=東福寺法堂・東司、東福寺 三門 あわせて約70分=(16:40頃)京都市内ホテル

宿泊=からすま京都ホテル

バスの乗降は・・・集合場所次の番号個所で可能です⇒1,2,3,4,5,7,15,16,18,19
※集合場所一覧にはありませんが、安曇野IC・駒ヶ岳SAでもご乗車いただけます。

ポイント
ポイント
東福寺法堂:「京の冬の旅」初公開
昭和9年の再建で、内部天井には堂本印象筆「蒼龍図」が描かれています。本尊の釈迦三尊像は鎌倉時代の作で京都五山のひとつに数えられた万寿寺から移されたものです。
2日目

京都市内ホテル(8:20頃)=仁和寺 御殿・庭園 約60分=僧侶がご案内する西本願寺書院 約60分=昼食=報恩寺・・・興聖寺 2ヶ寺で約70分=大徳寺 大光院 約40分=(16:00頃)京都市内ホテル(同じホテルに連泊します)

ポイント
ポイント
興聖寺:「京の冬の旅」40年ぶりの公開
古田織部ゆかりの臨済宗興聖寺派の本山です。元禄2(1689)年に建てられた本堂天井には「雲龍図」が描かれます。地面を掘り下げ螺旋状の石段を下りた場所に手水鉢を据えた「降り蹲踞(おりつくばい)」もみどころです。
3日目

京都市内ホテル(8:40頃)=北野天満宮(特別公開個所ではありません)約40分=東本願寺御影堂門 約40分=醍醐寺 三宝院 約50分・・・昼食=<名神高速・中央道>=(16:40)飯田=(17:10)駒ヶ岳=(18:10)諏訪=(18:30)塩尻=(19:15)安曇野=(19:50)屋代駅=(20:30)長野駅東口=(20:45)信毎観光長野本社

ポイント
ポイント
醍醐寺 三宝院:「京の冬の旅」27年ぶりの公開
豊臣秀吉の「醍醐の花見」の際に整えられた三宝院は醍醐寺の歴代座主が居住する本坊です。国宝の「表書院」から望む庭園は秀吉自ら設計したと伝わります。

旅行代金

旅行代金には消費税を含みます。

出発日 旅行代金
2022年3月2日(水)
2名1室利用 おひとり様:63,500円
1名1室利用 おひとり様:67,500円

旅行条件

旅行日数 3日間 最少催行人員 12名様
運送機関の種類または名称 利用予定バス会社=長電バス、共和観光バス 食事回数 ※機内食除く 朝食2回、昼食2回
宿泊 利用ホテル=からすま京都ホテル
(洋室)
添乗員 同行します
航空会社
その他 新型コロナウィルス感染症への取り組み お客様へご協力のお願い
1.マスク着用でのご参加をお願いします。
2.宿泊施設では備え付けの消毒液をご利用ください。
3.観光箇所ではできるだけ密集を避けるために、他のお客様との距離を取っていただくようお願いします。
旅行日数 3日間
最少催行人員 12名様
運送機関の種類
または名称
利用予定バス会社=長電バス、共和観光バス
食事回数
※機内食除く
朝食2回、昼食2回
宿泊 利用ホテル=からすま京都ホテル
(洋室)
添乗員 同行します
航空会社
その他 新型コロナウィルス感染症への取り組み お客様へご協力のお願い
1.マスク着用でのご参加をお願いします。
2.宿泊施設では備え付けの消毒液をご利用ください。
3.観光箇所ではできるだけ密集を避けるために、他のお客様との距離を取っていただくようお願いします。